• 縮小
  • 標準
  • 拡大

WORKS

進行中プロジェクト

能登町新庁舎
100473_02.jpg 100473_03.jpg 100473_04.jpg 100473_05.jpg

能登町新庁舎

設計主旨

能登町の宇出津に新庁舎を計画する基本設計プロポーザルにおいて弊社が最優秀者として選定されました。
『人々をつなぐ機能的なユニバーサル庁舎 -シナジー効果で未来へつなぐー』
をコンセプトに、町民が来やすく分かりやすい施設をつくることが大切であると考え、
"一目で分かりやすい"
"コンパクトで利用しやすい"
"この敷地だからできるユニバーサル"
な庁舎を創造しました。
そして、これからの能登町を輝かせるため、既存施設「コンセールのと」を十分に活用したシナジー効果を誘引し、町民が集い、憩い、交流することで活気が生まれる施策を提案しました。
外観においても土色の素朴な表情のタイルと、全体を締める濃色の木調のルーバーにより全体を構成し、緑に馴染む意匠を心がけています。正面玄関となる管理棟は、吹抜けのカーテンウォールにより開かれた施設としてのイメージを表現しつつ、現在の前庭を敬称した懐の深い施設の顔となるよう計画しています。