• 縮小
  • 標準
  • 拡大

WORKS

実績紹介

金沢弁護士会館
100445_02.jpg 100445_03.jpg 100445_04.jpg 100445_05.jpg 100445_06.jpg 100445_07.jpg

金沢弁護士会館

竣工年度
2015年12月
現  地
金沢市丸の内
構  造
鉄骨造3階建
規  模
1459㎡
備  考
設計プロポーザル最優秀案

設計主旨

 金沢弁護士会館の設計にあたっては、1.全ての人にとって使いやすい機能性の確保、2.開かれた弁護士会のイメージの創出、3.兼六園、金沢城址公園周辺の歴史的環境との調和の3点を念頭に置いて設計しています。

 1.機能面では、1階に会館事務局、法律相談室1室、応接室、会員控室、法テラスの諸室、バリアフリートイレ等、一般利用者の利便性に配慮した諸室を配置しています。また2階3階には最大200名収容の可変式大会議室1室、中会議室3室、小会議室3室等を設け、委員会、研修、イベント等多目的な利用に配慮しています。
 2.開かれた弁護士会のイメージとしては、兼六園側及び前面道路側をガラスファサードとし、開放的で親しみやすい施設イメージとなるように配慮しています。弁護士会の活動を積極的に社会にアピールする施設の顔をつくります。
 3.周辺景観への配慮としては、シンプルな建物形態、3層に重なる庇、ガラスファサード等により現代的な和のデザインを構成し、兼六園、金沢城址公園界隈の歴史的な周辺環境への調和に配慮しています。隣接する高等裁判所とも調和しながら、現代的な都市景観をつくります。