• 縮小
  • 標準
  • 拡大

WORKS

実績紹介

宝達志水町 相見保育所
100148_02.jpg 100148_03.jpg 100148_04.jpg 100148_05.jpg 100148_06.jpg 100148_07.jpg

宝達志水町 相見保育所

竣  工
2011年 3月
規  模
木造 平屋建て 2090m2
備  考
設計プロポーザル最優秀案

設計主旨

宝達志水町ののびのびとした周辺環境を有するこの保育所は設計プロポーザルで最優秀に選ばれたものです。

インテリアに関して特に重きをおいたことは木質空間の創造です。発育環境において自然素材である木材は身体的にも精神的にも有意義なものです。その木材を表面の仕上材だけでなく構造部材にも用いることで、主に空間を構成する柱や梁が木材になることはもちろん、木造空間が醸しだすスケール感も小さい子供にとっては親しみやすいものになりました。

保育室に関しては未満児保育の充実のため0、1、2才児のものは独立分棟スタイルのハウス方式を採用しました。一般的な保育室が教室のようならば、この方式は家に近いものになります。よってキッチンカウンターやたたみコーナーを設けることで家庭にいるようなインテリア環境を意識しました。
3、4、5才児の保育室は活発な園児の活動に応えるため機能的な整形プランになっています。また、多様なニーズに対応するため家具や建具で区切ることで保育室を2つに分割出来るようになっています。

この施設の機能のうち特に充実したものは子育て支援です。エントランス付近に単独の空間をもち事務室と連携してその役割を果たします。ハウス方式同様にキッチンカウンターやたたみコーナーを設け家庭的な雰囲気を出すことで保育室で親を待っているというより、家で過ごしている様に感じる空間づくりを目指しました。