• 縮小
  • 標準
  • 拡大

WORKS

実績紹介

宝達志水町立南部保育所
100142_02.jpg 100142_03.jpg 100142_04.jpg 100142_05.jpg 100142_06.jpg 100142_07.jpg

宝達志水町立南部保育所

設計年度
2004年
規  模
木造 平屋建
備  考
設計プロポーザル最優秀案

設計主旨

 帯状の細長い敷地に対して、施設全体を「未満児保育空間」「以上児保育空間」「共有保育空間」 「管理部門」の4つのゾーンに分け、機能的な配置計画を行いました。
 前面道路・玄関側に管理部門を、陽当たりの良い樋ノ川側に各保育空間を配置しています。 各保育空間は、共有保育空間となる遊戯室を挟んで未満児保育エリアと以上児保育エリアに区分し、 静的空間と動的空間を明確に機能分けしています。
 また、クラスター配置とすることで、各保育室が中庭を獲得でき、独立した住宅のようなスケールになる事を 提案しています。これにより得られる様々な大きさの空間が、子供達にとっては「自分の居場所」を  強く印象付けられるよう、また保育士にとっては各々に独立性を持った「保育しやすい環境」を獲得しています。
川沿いの、小さな屋根並みと庭の連続する豊かな環境と景観が生まれています。