• 縮小
  • 標準
  • 拡大

WORKS

実績紹介

知的障害者入所施設 新愛育学園
100133_02.jpg 100133_03.jpg 100133_04.jpg 100133_05.jpg 100133_06.jpg 100133_07.jpg

知的障害者入所施設 新愛育学園

設計年度
2000年
規  模
鉄筋コンクリート造 2階建

設計主旨

 この施設は旧施設の老朽化に伴い、湯湧街道沿いの浅野川の自然を背景とした、 緑豊かな自然環境に移転新築される事になり、地域に根ざし、地域とともに歩む知的障害児施設の 拠点となる事を期待されました。
 中庭・光庭・テラスを配置し、部屋の延長として外部を一体的利用できるよう演出するなど、 園生の作業・機能訓練の場としてだけでなく主体的な生活の場としてきめ細やかな配慮を施すとともに、 「家」をイメージした施設づくりを心がけました。
 またボランティアなどの活動拠点として利用できるよう施設を地域住民に対して開放し、 支援団体の育成、センターを中心としたコミュニティの醸成が可能となるように計画しています。
 外観は勾配屋根の2階建てとし、水平ラインを強調して高さを出来るだけ低く抑えることで 威圧感がないようにしました。また形態に円形を採用する事により求心性を持たせ、施設のまとまりや 「和」「輪」を表現し、地域の人々に親しまれ周囲の自然環境とも呼応する建築環境の創造を心がけました。