• 縮小
  • 標準
  • 拡大

PROJECTS

実績紹介

金沢蓄音器館
100118_02.jpg 100118_03.jpg 100118_04.jpg 100118_05.jpg 100118_06.jpg 100118_07.jpg

金沢蓄音器館

設計年度
2000年
規  模
鉄骨鉄筋コンクリート造 地上3階建
受  賞
第28回石川県デザイン展 石川建設業協会 会長賞
第24回金沢都市美文化賞
第31回いしかわインテリアデザイン賞

設計主旨

 当建物は歴史的建築物の点在する尾張町の目抜き通りに面し, 既存建物の躯体を利用するという建築条件の中計画されました。
用途の異なる既存建物の機能を補充するため必要最低限の増築を行い, 外観は蓄音器を納める建物として,また周辺建物との調和を維持するに 相応しいデザインとは如何なるものかを主題におきスタディを繰り返しました。

 蓄音器の持つイメージを建物内外に表現することが一つの回答と位置付け, 今日蓄音器より感じられる懐古的(レトロ)な部分と蓄音器全盛期は現代的 (モダン)であった部分を仕上材の選択や利用方法・色合い・仕様により表現しました。
 外装材として煉瓦調割り肌タイル・二丁掛タイルを施し大正建築の趣を基調としながら, タイルの多様な施工法及びアルミパネル・カーテンウォールを配することで,レトロとモダン・普遍と変革をデザインに託しました。
 リニューアルした建物である新しさと,昔からその場に建っていたかのような懐かしさとを感じて頂ければ幸いです。